アイデアの質と量の両立を目指して:高橋晋平さんに聞くアイデア発想のコツ(後編)

Blabo!編集部
2017.01.04

『問題解決ドリル』の発売を記念して、おもちゃ開発者であり、アイデア会議のプロとしても知られる株式会社ウサギ代表取締役の高橋晋平さんに発想の仕方や商品開発の方法についてお話を伺いしました。

プロフィール: 高橋晋平。株式会社ウサギ代表取締役。おもちゃ開発者であり、国内外335万個販売のヒット玩具『∞プチプチ』や『∞エダマメ』などの開発に携わる。現在はアイデア・コークリエイターとして、様々な企業のチームと、アイデア会議を用いた商品・事業開発を行っている。著書に『アイデアが枯れない頭のつくり方』(CCCメディアハウス)他3冊。

その商品、友達に贈り物としてあげられる?

高橋: 昔、「ヒューマンプレイヤー」という商品を開発したことがあります。人間を再生するというコンセプトで、90%以上の的中率を持つエゴグラムを用いて、登録した人間の行動が見られるようにし、友人等を登録することで行動やバイオリズムも知ることができるおもちゃでした。登録した人間同士の相性もわかる商品で、販売も好調でした。この商品を開発したときは、実際に遊んでもらいたい光景を想像していましたね。

坂田: 面白いですねー。お土産なんかも最近面白いものが増えていてセンスが出ますよね。「これを贈ったらどんなリアクションされるかな」って考えたりして。

高橋: プレゼントのことを妄想するのはアリだなと思います。自分が買いたいかどうかも大事ですが、商品のプランニングをするときは「その商品、友達に贈り物としてあげられる?」って聞きます。自分は企画している間に客観的な視点が抜けちゃうんですよね。

坂田: 私たちもBlabo!でお題を作るときに「本当にプレゼントできる商品になっているかどうかを意識してください」って呼びかけているんですが、話をしながらチェックボックスがあっても面白いかもって思いました。私たちはお題を通じて、生活者にもやもやはなんですかと尋ねているのですが、しっかりと立脚点を作らないと面白いけれどふわっとしたアイデアが出てきてしまいます。ふわっとしていると、買いたいものにはならない。

5

高橋: 「本当にあげたいんですか?」「買いたいですか?」などチェックボックスにちゃんとチェックが入っていないとアイデアを投稿できない仕組みにしてしまっても面白いかもしれませんね。

坂田: 「アイデアを出しやすくする」という条件とのパラドックスですよね。「買いたいかどうか」を聞くと、気軽にアイデアを言えなくなってしまいます。

高橋: 「買いたいかどうか」を聞くのは、企画書にして提案するくらいの段階ですね。まずは、アイデアの数を出して、人と話したりしていて発想を膨らませることから。

アイデアの質と量を両立させるためには

坂田: 消費財メーカーで働いていたときに、「Think Big(大きく考える)」 と「Think Tight(修練していく)」という2つの言葉がありました。アイデアもこれと同じですね。Blabo!でもお題を分けて参加してもらって、同じお題なんだけど、なんでもアイデアを言っていいお題と、本当に買いたいかどうかを聞くお題。発散と収束と二段階に分けても面白いかもしれません。

高橋: それは良さそうですね!Blabo!のユーザーは、気軽にアイデアを投稿する人が多いですか?

坂田: 半々くらいですかね。アイデアの量はもっと増えると嬉しいので、安心安全で気軽に書いていいよという場にどうやってするか、どうしたらアイデアを発言しやすい世界感を作れるかを考えています。

高橋: ただの大喜利ではないので、アイデアの量だけでなく、一定の質も必要ですからね。とはいえ、アイデアの量が質に転換することもある。これをどう両立するかはとても難しい。

まず発言しないと、何も変化は起きない

坂田: 普通の生活者も実はみんな面白いはずなのに言わないんですよね。もっとアイデアを伝えたらいいのにって思います。発言をまずしないと、何も変化は起きません。

高橋: 自分が発言したら本当に商品ができちゃったという体験や、発言に対して返信が主催者から来るという体験が蓄積されれば人はより参加するかもしれませんね。他には、東京に限定されるかもしれませんが、優秀なプランナーには選ばれしユーザーのみが集う会に参加してもらうとか、企業の商品企画会議に参加できたりとか、プランナーのコミュニティを作ってみるとか。

坂田: 以前、メーカーの本当の企画会議にBlabo!ユーザーに参加してもらったことがありました。遠くからわざわざ来てくださって、ありがたかったです。実は、Blabo!に「公認プランナー」制度というものがありました。企業がいいアイデアを出すユーザーを公認として認定しちゃうんです。近々、それを復活させようと思っています。

高橋: それは面白いですね。

坂田: ありがとうございます。ところでもしも高橋さんだったら、Blabo!でどんなお題を出しますか?

6

高橋: 出したいお題は色々ありますね。最近、月曜日を嫌われ者じゃなくすることに挑戦しているんです。ダントツで嫌われ者になっている月曜日を変えるために、仲間を集めて企んでいます。月曜日を変えるためのお題はぜひBlabo!でやりたいですね。そのうち厚労省あたりに提案を持っていったりしたいな、と考えたりしてるんです。

坂田: 月曜日を変えるお題!面白そうですね。ぜひやりましょう!提案にいくというのも面白いですよね。最近、Blabo!では「もしもタクシー会社のプロデューサーになったなら。どんなお客さんの問題を解決するサービスを始める?」というお題でアイデアを募集していました。ここで面白いアイデアが生まれていて、これを企業に届けて成立させるところまでもっていきたいと思ってるんです。それができたら、真のユーザーイノベーションだなと。

高橋: ユーザーの本音が世の中に刺さって、変わっていけば本当に変わりますね。Blabo!の新しい挑戦も楽しみです。

高橋さんが開催中のお題はこちら!

憂鬱な月曜を楽しみな曜日に変えよう!いったいどんな仕組みや考え方をすれば、月曜日が待ち遠しくなる?

高橋晋平 高橋晋平

今回、インタビューにお答えいただいた高橋晋平さんは、現在Blabo!でアイデア会議を開催中!高橋さんから教わった発想のコツを参考に、アイデアを出してみましょう!