小田原の森から生まれた木の雑貨。手に取ると自然と木の大切さを感じられる商品って?

20170215201451 kanagawa  resized
神奈川県

{{item.label}}

{{item.screenDate}}
20160928192916 wasyoku  blurred

募集終了

こちらのアイデア募集は2016.11.06に終了いたしました。ありがとうございました。 結果発表を見る

依頼内容

こんにちは、小田原で木工業をしているラ・ルースの相田です。私たちは、木の時計やキッチングッズなどの雑貨を生産しています。木の特性を踏まえていろいろな物を作っています。たとえば、「ろくろ」という道具で木を回転させながら出来るだけ薄く削っていき、美しい木目のとても軽い木の器などがあります。

わたしたちは、小田原周辺地域の木材を多く活用するようにしているので、自然と「森を育てる」ことを意識して仕事をしています。 人工的に植林された木を間引くための“間伐”など、森を育てるために切らなければいけない木を「育林材」(サントリーが提唱)と呼び、わたしたちもその考えに賛同して商品作りに活用しています。

今回の企画会議では、「木を使うことで森を育てる」というメッセージが伝わる商品を作りたいと思っております。特に小田原や箱根にいらっしゃった国内外の観光客の方に、手にとってもらえるような手軽な商品が望ましいです。見て触れることで、森の問題について知ることができるような、木の温かさが伝わる商品ってどんなものでしょうか。たくさんのアイデアお待ちしております。

20160928192916 wasyoku  resized
木目の表情豊かなヒノキの器プレゼント

ベストプランナー(1名)には、ヒノキの育林材(間伐材)を使用した、木目の表情豊かな器です。日本の食材と調和し、食卓を彩ります。今回は「ひきよせ」ヒノキシリーズの中から食器1つをプレゼントします。

20160928192951 hinoki  resized
20170215201451 kanagawa  resized
神奈川県
全国2位の人口数をもつ都道府県。温暖な気候で、多くの観光名所と、地面積の約半分を農地や森林が占めており、豊富な農林水産資源に恵まれています。
さっそくアイデアを見に行く
一番乗りでアイデアを投稿しよう! 投稿する

主催者からのメッセージ

20170215201451 kanagawa  resized

133個のアイデアが集まりました!

様々なアイデアをお寄せいただき、ありがとうございました。皆さんが“木”に何を求められておられるのか、多くの気付きを頂きました。素晴らしいアイデアが多数あったのですが、今回は「木を使うことで森を育てる」「木の温かさが伝わる」というコンセプトに従い、「身近」「使う」「触れる」「香る」「優しい」をキーワードに商品化していく事としました。商品が販売されましたら、ぜひ手にとってお使い頂ければ幸いです。

(神奈川県)

実現したアイデア

実現した {{ realizationPlans.length }} のアイデア

実現中のアイデア

実現中の {{ decisionPlans.length }} のアイデア

選出された企画会議賞

選出された {{ selectionPlans.length }} の企画会議賞

アプリで「Blabo!」を楽しもう。

アイデアを楽しむコミュニティ「Blabo!」のアプリが登場!

※Android版は2017年春リリース予定です。

App hand