京都手帖

光村推古書院は京都の出版社です。明治20年、錦絵(⽊版多⾊刷絵)の版元として屋号・本⽥雲錦堂という名称で創業。美術を専⾨とする出版社として、画集、図案集などを⼿がけてきました。近年は美術書に加え、写真集や京都に関する出版物を発行しています。

1369
アイデア
403
コメント

京都ファンにもっと愛される「京都手帖」に

わたしたちのやっていること

わたしたちは2006年からスケジュール帳「京都手帖」を毎年発刊しています。

京都の行事をスケジュール帳に落とし込み、社寺の拝観データや観光MAP、また月々のコラムなどを掲載。表紙などには京都の木版画工房「竹笹堂」の木版デザインをあしらい、京都の魅力を発信する一冊となっています。表紙ビニールカバーの大きなポケットや、書きやすく軽い手帳専用用紙を用いるなど、スケジュール帳としての使いやすさにもこだわっています。

一緒にやりたいこと

来年の2023年版で「京都手帖」は17年目を迎えます。

今では京都にとどまらず、全国のお客様が買ってくださるスケジュール帳になってまいりました。そこで京都ファンが京都のどういったところに惹かれているのか、どんな情報がほしいのか、「京都だなあ」と感じるのはどういうことなのかを知り、京都の人はもちろんのこと、全国の京都ファンにもっと愛される「京都手帖」をみなさんと一緒に作っていきたいと思っています。

わたしたちがやっています

  • {{item.screen_name}}
    {{item.job_title ? item.job_title : owner.screen_name }}
    {{currentMemberProfile}}

プロセス

“わたしのほしい”を投稿しよう

お気に入りの商品の企画会議にあなたもプランナーになって参加することができます。日本中から参加するBlabo!ユーザーや商品担当者と商品を企画しましょう。

アイデアを育てよう

“わたしもほしい”と思ったら、そのアイデアを広げたり、深めたり企画会議に参加しましょう。 商品が実現すると「協力したプランナー」として名前が掲載されることもあります。

商品が実現!

商品化が決定するとメーカーが実現に向けて開発していきます。発案したプランナーの名前と共に”わたしのほしい"が商品となり、実現します。

会員登録して一緒に企画会議を盛り上げよう。
あなたのアイデアを待っています!

Blabo!を始める